学会誌『日本語文法』

『日本語文法』投稿と査読の体制について

投稿要領より一部抜粋してご紹介いたします。

  • 投稿原稿の内容
     日本語文法とその関連領域に関する未公刊の原稿に限ります。
  • 投稿原稿の種類
     研究論文
     研究ノート(問題提起,調査報告,技術情報など)
  • 使用言語
     日本語または英語
  • 投稿原稿の分量
     研究論文 16 ページ以内(400 字詰め原稿用紙40 枚以内にほぼ相当)
     研究ノート 8 ページ以内(400 字詰め原稿用紙20 枚以内にほぼ相当)
  • 投稿の締め切り
     毎年4月1日と10月1日
  • 採用・不採用の決定
     投稿された原稿は,学会誌委員(学会誌委員会が依頼した学会誌委員以外を含むことがある)3 名が査読要領に従って,査読します。著者の氏名は査読者には知らされません。査読者の氏名も著者に知らされません。
     査読結果は,採用,修正採用,修正再査読,不採用のいずれかとし,原則として投稿の締め切りから2か月以内に著者に通知します。

※上記は抜粋ですので、実際にご投稿になる場合は、投稿要領のページの各事項をご確認ください。

  • 学会誌委員会 (2016年度~2018年度)
    松木 正恵 (委員長、早稲田大学)
    上山 あゆみ (副委員長、九州大学)
    小田 勝 (副委員長、國學院大學)
    安達 太郎 (京都橘大学)
    阿部 二郎 (北海道教育大学)
    岩本 遠億 (神田外語大学)
    大木 一夫 (東北大学)
    尾谷 昌則 (法政大学)
    片岡 喜代子 (神奈川大学)
    狩俣 繁久 (琉球大学)
    藏藤 健雄 (立命館大学)
    佐々木 冠 (立命館大学)
    下地 理則 (九州大学)
    菅井 三実 (兵庫教育大学)
    高山 善行 (福井大学)
    田和 真紀子 (清泉女子大学)
    張 麟声 (大阪府立大学)
    仲本 康一郎 (山梨大学)
    丹羽 哲也 (大阪市立大学)
    馬場 俊臣 (北海道教育大学)
    丸山 岳彦 (専修大学)
    三井 正孝 (新潟大学)
    守屋 三千代 (創価大学)
    矢島 正浩 (愛知教育大学)
    山崎 誠 (国立国語研究所)
    渡辺 文生 (山形大学)
  • 投稿論文の採択率(2016年度以降)
    17巻2号(2017年9月刊行) 18.8% (採択6編/投稿32編)
     ※採択6編のうち1編は分量の関係等の事情により18巻1号に掲載の予定。
    17巻1号(2017年3月刊行) 20.8% (採択5編/投稿24編)
    16巻2号(2016年9月刊行) 31.8% (採択7編/投稿22編)
     ※採択7編のうち2編は分量等の関係により17巻1号に掲載。

最新号:17巻2号(2017年9月30日発行)

発売元:くろしお出版  価格:3,500円+税

※おことわり:最新号およびバックナンバーは事務局では取り扱っておりませんので、書店や学会の書籍販売でお求めいただくか、もしくはくろしお出版へお問い合わせください。

バックナンバーはこちらをご覧ください。

最新号(17巻2号)掲載論文一覧

特集 文法性判断に基づく研究の可能性

文法性判断に基づく研究の可能性
三宅 知宏
容認可能性と言語理論の説明対象
上山 あゆみ・傍士 元
日本語史研究と文法性判断
宮地 朝子
文法研究におけるデータについて―文法研究は経験科学たりうるか―
金水 敏

研究論文

三種類の逆使役と様態・結果の相補性
宮腰 幸一
カキ料理構文における「X のZ」の意味的関係
三好 伸芳
書き言葉におけるワケダ使用の必然性について
小井 亜津子
イベント名詞句からの抜き出しと前提性
阿久澤 弘陽
日本語と韓国語のアスペクト体系に関する一考察―徳島方言との対応関係を中心に―
高 恩淑

書評論文

宮岡伯人 著 『「語」とはなにか・再考―日本語文法と「文字の陥穽」―』
村木 新次郎
森 勇太 著 『発話行為から見た日本語授受表現の歴史的研究』
澤田 淳
定延利之 著 『コミュニケーションへの言語的接近』
橋本 修
小西いずみ 著 『富山県方言の文法』
真田 信治
金 智賢 著 『日韓対照研究によるハとガと無助詞』
庵 功雄